TOP
43.19score

さくらこ

スポンサーKataribe

2016年はハリスツイード買っちゃうぞ

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


#ハリスツイード #ファッション #ライフスタイル

今年の冬は暖かいといわれていますが、年も明けてそろそろ東京でも雪が観測され始めたようです。
暖冬だと思って本格的なアウターを用意せずにここまで来てしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、もう冬も半分近く過ぎてるしこれから新しいの買うってのもどうかな~というご意見もあるかとは思います。

そこで、どうでしょう。
この冬だけではなく、これからずっと永く使えるアイテムを奮発して手に入れちゃうというのは。
流行を追い続けるのは楽しいっちゃ楽しいんですけど、消耗しちゃいますもんね。

というわけで、私がおススメしたいかつ、私自身手に入れたいと思っているのが『ハリスツイード』のコートなのです。
『ハリスツイード』とは18世紀ごろ、スコットランド北西部のハリス&ルイス島で誕生したツイード生地で、島でとれた羊毛を手紡ぎした糸を用い、手織り織機で織り上げているのです。そのタフさと、余計な加工を施さないシンプルで素朴な質感が大きな魅力とされています。
しかも、雨の多い国で生み出された生地だけあって撥水性があり、少しくらいの雨や雪なんてへっちゃらなのです。

この『ハリスツイード』、ここ数年でにわかに注目を浴び始め、去る2015年の秋冬からは様々な企業とコラボレーションを連発しておりまして、なんとあの「しまむら」さんからもバッグやシューズなどの小物類が発売されていますので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、『ハリスツイード』といえば、なんといってもジャケットかコートです。
たしかに値段はお高めではあるのですが、実は私、良いものを永く使うというライフスタイルに憧れておりまして、この2016年こそその憧れを実現したいと目論でおるわけです、はい。

で、その第一弾として白羽の矢が立ったのが『ハリスツイード』というわけで。

大量生産・大量消費のモダン経済が始まって久しく、またポストモダン経済もその次の形へと変容しつつある昨今、それぞれが大事と思えるものを大事にするというあたり前の暮らしを始めてみたいと願っているのです。

たかがファッション、されどファッション。

新しいライフスタイルの旗印にはじめてみたいと思います。

そろそろ雪降りそうだし『ハリスツイード』いっとくか - NAVER まとめ

今年の冬は暖冬のようですが、各地でようやく雪が降り出したようです。そこでおススメなのが、暖かくて、オシャレで防水性の高いファブリック『ハリスツイード』。トラッド...
NAVER まとめ

.

最終更新日:2016-01-13 22:27

コメント (0)